【入会金 0円】月額トレードサロン始動! ご希望の方はメルマガ登録

オリックス【2019.04.22】

オリックス【2019.01.21】

2018年は、8月~12月にかけて4か月間もの長いボックス相場であった。
年明けの暴落時最安値圏へ届いたため買いを仕込めた人はお宝なので200円伸ばしてから取るべし。

中心価格前後で推移しているため3ポジション程度で決済を中心に繰り返す取引がベスト。
1712円を超えてきたら節目の1800円手前1900円手前でそれぞれ売りを仕込む。
1500円台の伸ばしてきた買いがある場合は逆張りで売りを仕込みやすいが、1712円以下に売りを残している場合はしっかりストップポジションを入れておくこと。

基本戦略としては1712円以下では買3-売1のバランスで、逆に1712円以上では買1-売3のバランスで攻める。


オリックス【2019.02.18】

4か月もの間200円のボックスで推移していたオリックスであったが、昨年末1700円を割ってからは相場の地合いの悪さに連動する形で下落が続く。

目安価格近辺で反発し、中心価格に大きく半値戻し。

その後はセクション【C】でふらふら小動き。前年度からポジションを持っていた場合は一旦1712円以上の高値買いを一部ロスカットしつつ低い価格へ買いポジションを移動すること。

セクション【C】のため前月同様、買3-売1のバランスで利益を取る。売りポジションは買いポジションの上で打つように注意すること。

前回の下げで中心価格が80円ほどギャップダウンしたが現在はボラティリティに変動を与えるような大きな幅は動いていないため、暴落の苦い思い出でポジションを取ることを躊躇しないように気を付けること。

 


オリックス【2019.03.18】

前月に比べて中心価格は大きく変わっていないものの、上昇材料に乏しく、出来高も少ないため、ジリ下げの利益を取りにくい状況。

1日当たりの値動きも20円と通常時の30円程度より小動きのため、大きく動く局面を待つこと。

上げ材料が乏しい状況では、中心価格付近で戻り売りがよいものの、割安圏でもあるため、できれば1600円以上で売りを持ちたいところ。

特に不利なポジションが昨年末のギャップダウンで取り残されている場合は、1600円台即売りでバランス重視の取引をすること。

ここからスタートする場合は1500円前半、1400円後半は買いチャンス。

 


オリックス【2019.04.22】※最新版※

前月に比べて中心価格はわずかながら下げ。

1日の値動きも20円程度と小動きであるため、利益決済をしてから元の値段で持ち直しが有効。

前回終値ベースで超えられなかった1700円に大きな壁があるため、超えた場合は上昇が強いが
超えなかった場合は1500~1700のボックスであるため、一歩前の1680円で探り売り。

セクション【C】であるため買3-売1のバランスで
買い方は伸ばすポジションと小動きを取るポジションの使い分けをしていきたい。
売りを持つ場合は1570円以上でかつ、買いの上で打つのが望ましい。

 


error: Content is protected !!